RSI

ある時点において、「売り」と「買い」のバランスが相対的にどうなってるのかを示すオシレーター系指標です。
日本語で、「相対力指数(そうたいりょくしすう)」といいます。

オシレーターとは「振子」の意味で、相場も大きく揺れてももともとの位置に戻ってくるという理論に基づいています。
しかし、日によって取引数が違うから、「売買には振幅がある」ことは分かるのですが、どこが振幅の上限なのか素人では判断が難しいですよね。

RSIは、ある一定の期間内の値動きの幅のうち、「値上げ幅」が占める割合を示しています。
式にすると、 A/(A+B) ×100 となります。
A … 一定期間の上げ幅の合計
B … 一定期間の下げ幅の合計

計算の期間には、9日、14日、30日が使われることが多いようです。

<判断基準>

70〜80%以上 … 買われすぎ → 売りのサイン
50%   … 上げ幅と下げ幅が同じ
20〜30%以下 … 売られすぎ → 買いのサイン

◆逆行現象(ダイバージェンシー)
為替の価格は下がっているのに、RSIの数値が上昇することがあります。または、為替の価格が上がっているのに、RSIの数値は下がっていることもあります。この場合、どちらに動くと予想すればよいのでしょうか。どの方法をとっても、予測不可能な動きがありますし、予測は完璧なものではありません。しかし傾向として、どちらかというとRSIの動きが示す方向になる場合が多いと言われています。

初心者の方はコチラから

FXの準備を始める為に

FXを始める上でまずは基本的な知識と経験が必要です。
でも、実際のお金を使って学ぶのはとっても危険ですよね。
実際の口座で始める前にFXにはデモトレードという便利なサービスがありますから、まずは知識と経験を得る為にデモ口座を作る事から始めてみましょう。

デモトレード口座の人気ランキング

自分のスタイルに合わせた取引口座を選ぶ!

目的に合わせて自分にあったFX会社と口座を選んで行きましょう。

FX初心者の為のFX口座ランキング
人気のFX会社の中でも特にビギナーに人気の口座を紹介!

長期運用の為のFX口座ランキング
長期運用で必要なFX会社のチェックポイントとFX口座の紹介!

短期売買(デイトレード)の為のFX口座ランキング
短期売買に必要な条件は?オススメのFX会社を紹介!

細かい条件で自分ピッタリのFX口座を探す!

条件でFX会社を探したい時は重視するポイントを絞って探してみましょう。

総合的にFX会社を比較
手数料でFX会社を比較
サービスでFX会社を比較
通知機能でFX会社を比較

関連エントリー

 
Copyright © 2008 FX入門道場 初心者はこのfx業者から!. All rights reserved