注目しておきたいアメリカの経済指標

◆米雇用統計

特に、米ドルがらみの通貨ペアを売買している投資家が注目しておきたい指標が、「米雇用統計」です。現在、基軸通貨は米ドルですから、米ドルが絡んでいなくてもアメリカ経済与える影響は世界史に波及しますから、世界中の投資家からの注目がアメリカの経済には集まっています。外国為替市場で、もっとも注目度が高い指標でしょう。

内容は、アメリカ版の日銀短観といったところです。米労働省が毎月発表しているもので、失業率と非農業就業者数(農業以外の生産者数)を中心として、10項目の経済状況あらわす数字が出されます。就業者数が増えれば労働環境がよく、景気も底堅いと判断できます。労働需要が強くなると、平均賃金が上がり、経済は活性化します。つまりインフレになるということです。急激にインフレになる懸念があれば、政策金利が引き上げられ、経済を安定させる策がとられます。投資家からすると、金利が上がったときがドル買いの好機でもあり、ドル高の傾向となるわけです。
ただし、上昇=相場の上昇に結びつかない場合もあります。上昇ではあるものの、その数値が、予想より下回っている場合です。予想通りの上昇率でないということは、景気の先行き感が不安定だとして、ドルが売りに回されることもあるからです。


◆新規失業保険申請件数

アメリカの経済状況を予測する上で具体的な数値として、「新規失業保険申請件数」というものがあります。これは毎週表されるものですが、単に「失業している人」ではなく失業保険を「申請した人」ですから、増加率を測る指標になります。雇用統計で失業率が上昇している時には、特にこの申請件数に注目を集めることがあります。雇用統計の先行指標として目安とされるからです。

◆ISM指数(Institute for Supply Management)
全米供給管理協会が発表する指数。日本円と、日銀短観と似たような統計で、注残や生産状況、在庫などについての状況が前月と比較して変化したか、どう変化したかをアンケートした結果を指数化したものです。製造業指数と非製造業指数があり、景気転換の先行き指標として注目されています。

◆小売売上高
小売業の売上を示すものです。特に個人消費の動向を見極めるために重要です。アメリカ経済では、自動車の販売状況が色濃く反映されるので、重要な指標となります。小売売上高の指標は、毎月発表されますが、修正が多く信憑性にかけているともいわれています。


◆住宅着工件数
アメリカ国内では景気動向に直結しており、為替相場を動かす直接の材料としても注目されでいます。住居移動に伴って、家電製品などの消費にも波及効果があるため、景気変動や個人消費動向を予測する上で重要な数値とされているのです。

◆対米証券投資
海外から米国証券に対して投資された金額のことです。日経平均株価が為替相場に影響を与えるように、米国でも証券投資の数値が高水準で維持されているということは、米国内に資金が流れているということ表しています。

◆消費者信頼感指数
一般消費者に対して調査を行い、消費者の感じ方を数字に表したものです。アメリカやフランスで行われており、アメリカでは民間の経済研究所であるコンファランスボードが発表、フランスではINSEE(国立統計経済学研究所)が発表しています。

初心者の方はコチラから

FXの準備を始める為に

FXを始める上でまずは基本的な知識と経験が必要です。
でも、実際のお金を使って学ぶのはとっても危険ですよね。
実際の口座で始める前にFXにはデモトレードという便利なサービスがありますから、まずは知識と経験を得る為にデモ口座を作る事から始めてみましょう。

デモトレード口座の人気ランキング

自分のスタイルに合わせた取引口座を選ぶ!

目的に合わせて自分にあったFX会社と口座を選んで行きましょう。

FX初心者の為のFX口座ランキング
人気のFX会社の中でも特にビギナーに人気の口座を紹介!

長期運用の為のFX口座ランキング
長期運用で必要なFX会社のチェックポイントとFX口座の紹介!

短期売買(デイトレード)の為のFX口座ランキング
短期売買に必要な条件は?オススメのFX会社を紹介!

細かい条件で自分ピッタリのFX口座を探す!

条件でFX会社を探したい時は重視するポイントを絞って探してみましょう。

総合的にFX会社を比較
手数料でFX会社を比較
サービスでFX会社を比較
通知機能でFX会社を比較

関連エントリー

 
Copyright © 2008 FX入門道場 初心者はこのfx業者から!. All rights reserved