業者選びのポイント

信頼性の高い業者を選ぶために、どこに注目して比較すればよいのか、チェックしておきたい項目を10個に絞って見ていきましょう。

1・最低証拠金(保証金)
2・取引手数料
3・取引単位
4・スワップポイント
5・取扱通貨ペア
6・インターネット取引
7・24時間取引
8・信託保証
9・カバー先金融機関
10・信頼性

-----------------------------------------

1・最低証拠金(保証金)


外為取引(FX)で投資する金額は、実際に取引をする金額の10分の1程度で構いません。それはレバレッジ効果と言われ、手持ち資金の数倍の規模で取引を行うのが外為取引(FX)の特徴です。

外為取引(FX)を始めるときには、開設口座にある程度の金額を入れておかなければなりません。これが、最低証拠金(保証金)です。1万円程度でOKの業者もあります。いずれにせよ、自己資金のなかで余裕を持って出せる範囲の金額にしておきましょう。しかし(3)で説明する取引単位にもよりますが通常、1万通貨単位で取引が行われるため、この金額の10倍程度で買える通貨は限られてきてしまいます。ドルを買いたければ、もう少し必要になってきます。

最低証拠金が安いほど、資金に余裕がない人にも敷居が低いのですが、高いレバレッジをかけないとなかなか利益が出ません。
レバレッジが高くなればなるほど、ハイリスク・ハイリターンになる可能性を含んでいるということを知っておいてください。

ハイリスク・ハイリターン … 当たった時の利益は大きいが、損が出る可能性も十分に考えられること。リスクとは「危険性」、リターンとは「収益」を示している。高収益と危険性は常に背中合わせだということ。金融商品の特徴を示すときによく使われる言葉。逆のことを、ローリスク・ローリターンという。


2・取引手数料

まったく同じ商品が別の価格で売られていたら、迷わず安いほうの店で買いますよね。
サイトの印象も同じような感じ、手続きも同じ、サービスも同じなら、あとは取引手数料が安いに越したことはありません。取引手数料は、取引の頻度や回数ごとにサービスがつくこともあります。たとえば、デイトレーディングを行う場合には、1回分の手数料でよいというところもあります。

また、取引手数料とともに、スプレッド(売値と買値の差額のこと)も必ずチェックしておきます。取引手数料を安くする代わり、スプレッドに上乗せしていることもあるからです。株取引などと違い、外為取引(FX)は相対取引なので、スプレッド上乗せしていても問題があるわけではありません。

取引手数料とスプレッドは必ずセットで検討してください。
そういう意味で、スプレッドを提示していない業者というのは、要注意です。


3・取引単位

株取引でも最低単位が決まっているように、外為取引(FX)でも取引の単位が決まっています。
ほとんどの所は、1万がひとつの単位になっています。つまり、1ドルや105ドルという端数の取引は行っていないということです。
たとえば、ドルを買うときには、1万ドルの倍数での取引になるということです。1ドル105円のときだと、1,050,000円で売買することになります。実際の資金は、10分の1〜20分の1で済むため、最低でも5万円〜10万円用意しておかなければならないということです。
中には、1千通貨単位から取引可能な業者もあります。そうするとアメリカドルでも、5千円から1万円で始められますね。

4・スワップポイント

スワップポイントとは、通貨ペアの金利の差額のことです。価格価値が上昇しなくても、金利差のある通貨同士では、スワップポイントだけで利益を上げることも可能です。取引手数料と同じく、業者によって手数料分を加減している場合もあり、数字が違うこともあります。また、スワップポイントを1日単位で加算する所もあれば、1か月ごとに加算されるところもあります。外貨預金なら、1ヶ月以上預けたままということがほとんどでしょうが、外為取引(FX)の場合、情報によって取引のタイミングは変わってくるので、スワップポイントが無駄にならないようにチェックしておきましょう。


5・取扱通貨ペア

基本的に私たちが持ってる通貨は「円」ですので、「円」と「どこかの通貨」との取引をすることになります。
したがって、だいたいの業者では、「ドル/円」「ユーロ/円」は扱っているのですが、それ以外のペアとなると取扱がない場合もあります。スイスフランやカナダドル、中国人民元にも注目が集まっているのですが、取扱されているかどうか確認しておきましょう。最初「ドル/円」で良いと思っていても、投資に慣れてくるにつれて、他の通貨に興味が出てくるかもしれませんしね。

また、スワップポイントを狙うのならば、円と金利差のある通貨を選ぶなければなりません。最近では、オーストラリアドルやニュージーランドドル、イギリスポンドなどが比較的金利の高い通貨です。


6・インターネット取引

インターネットで検索して、ネットで口座開設できるサイトは、ほぼ間違いなくインターネットで取引をすることができます。インターネット取引をするのは、なによりも相手に気兼ねすることなく自分の自由に考えられ発注できるという点です。株にせよ金融商品にせよ、取引のなかで1番面倒くさいのは、営業担当者やオペレーターとの会話ではないでしょうか。もちろん、ヘルプやトラブルがあったときに、コンピューターではなく実際の人間が出てきて対応してくれないと困ることもあります。
また万が一、インターネット取引のシステムに不具合が出た場合、どういう対応が考えられるのかも、調べておきましょう。インターネットの不具合には、「うちのパソコンが壊れた!」という場合もあります。取引をいったん中止するのか、電話での注文にも対応してくれるのか、ほかにどのような方法があるのか、選択肢が多いほどよいでしょう。


7・24時間取引

インターネット取引の特徴として、相手を待たずとも機会が作業してくれるという利点があります。面倒を省くということと、スピーディーさです。そして、取引を自動化することで24時間の取引が可能になったと思います。
外為取引(FX)は、24時間、世界中のどこかで取引が行われています。ですから、相場のタイミングでよりよい売買をしたいと思えば、24時間情報をチェックしておく必要があるのです。また、いつでも取引可能でないと困ります。


8・信託保証

口座開設をする時に、必ずいくらかの証拠金(保証金)を入れておかなければなりません。この金額を元手に取引を行うわけです。証拠金は投資家の資産ですから、もしも取引をやめてしまうときなど、業者に求めれば返還してもらうことができます。これは法律で決められており、証拠金などの顧客資産と、会社を経営するための資産とが分離して管理しなければならないのです。しかし、倒産や経営危機、あるいは悪徳業者などにかかってしまったときに、証拠金が返還されないという事態もおこってきます。そのため、信託保全の有無がとても重要なポイントとなってくるのです。信託保全とは、外為業者が投資家から預かった証拠金などの顧客資産を、信託銀行に信託することにより、会社の資産と区別し、信託管理人の監督下で確実に保全しておくシステムのことです。


9・カバー先金融機関

外為取引には、貨幣を保持している個人(銀行など)と投資家個人が取引をする「対顧客市場」と、銀行同士が取引する「インターバンク市場」があります。外為業者は、対顧客市場を持ちつつ必ずインターバンク市場でも取引をしています。インターバンク市場での取引先のことを「カバー先金融機関」といいます。
外為業者は、顧客の取引によって発生するリスクを解消するために、主に海外の金融機関と取引を持ち、顧客と逆のポジションを保持しておきます。そして、リスクを相殺しているのです。
安全で業績の良い外為業者を選んだとしても、カバー先金融機関の破たんにより受ける影響も考えられます。また、信託保証先とカバー先金融機関が同じ場合、より注意が必要です。


10・信頼性

信頼性とは、業績や顧客数などで判断することもできますし、口コミなどの評判で測ることもできます。インターネットの評判は、100%鵜呑みにするわけにはいきませんが、過去にトラブルがあったという噂を目にした場合、それが事実かどうかを調べていくことはできるでしょう。そうやって、自分が信頼できる外為業者を探してください。
また基本的に、問い合わせてないのに勧誘してから業者には注意しておきましょう。営業社員によっては、「絶対ももうかる」と、さも簡単かのように進めてくる場合もあるかもしれません。確かにやり方によっては、他の投資方法よりもハイリターンですが、必ずリスクが背中合わせにあるということを分かっておきましょう。あえてリスクを説明しない業者は危険です。


◆悪徳業者の見分け方

1・強引な勧誘
2・リスクの説明がない
3・「絶対儲かります」などと、調子が良い
4・無断売買をしたり、決済を渋ったりする
5・手数料が高すぎる
6・信託保全の明示がない

※外為業者は、金融庁に登録(登録中)しないと、業務が行えません。

初心者の方はコチラから

FXの準備を始める為に

FXを始める上でまずは基本的な知識と経験が必要です。
でも、実際のお金を使って学ぶのはとっても危険ですよね。
実際の口座で始める前にFXにはデモトレードという便利なサービスがありますから、まずは知識と経験を得る為にデモ口座を作る事から始めてみましょう。

デモトレード口座の人気ランキング

自分のスタイルに合わせた取引口座を選ぶ!

目的に合わせて自分にあったFX会社と口座を選んで行きましょう。

FX初心者の為のFX口座ランキング
人気のFX会社の中でも特にビギナーに人気の口座を紹介!

長期運用の為のFX口座ランキング
長期運用で必要なFX会社のチェックポイントとFX口座の紹介!

短期売買(デイトレード)の為のFX口座ランキング
短期売買に必要な条件は?オススメのFX会社を紹介!

細かい条件で自分ピッタリのFX口座を探す!

条件でFX会社を探したい時は重視するポイントを絞って探してみましょう。

総合的にFX会社を比較
手数料でFX会社を比較
サービスでFX会社を比較
通知機能でFX会社を比較

関連エントリー

 
Copyright © 2008 FX入門道場 初心者はこのfx業者から!. All rights reserved