日本の財政赤字

日本の経済を見る時に、財政赤字の問題に目をつぶるわけにはいきません。

政府は、国の政治を行うために、膨大な資金が必要です。この政府のお財布のことを「財政」と言います。財政の収入と支出の差額が、赤字であることを財政赤字と言います。
私たちの家では、実際に赤字が続いてしまうと、食べること・住むところに困ってしまいますよね。ですから、食費を切り詰めて、欲しいものを我慢してでも手持ちのお金の中でなんとか生活をしなければなりません。たまに、このことを理解していない人が、お金がないのに散財を繰り返し、破産宣告して借金をチャラにすることもあるようですね。
しかし、国の財政事情は、赤字であっても放棄するわけにもいかないし、政治をストップするわけにもいきません。日本の財政赤字は先進国で最悪だと言われています。

財政の収入源はどこにあるのでしょう。
それは、国民の税金や国債からの収入です。基本的には、国を経営しているのは「国民」なので、税金収入で賄われるのが基本でしょう。しかし実際、全然足りてないため、国債という形で国民に借金をして、将来返すことを約束しているのです。

政府は財政で何を行うのでしょう。
福祉や教育など、国民にとって必要なサービス、道路や空港などの建設、等々、私たちの生活の基本となるものの整備に使われています。お金をどのように分配したり、経済を安定させるかという政策を、財政政策と言います。私たちが国に対して出し合っている税金は、私たちのために使われて当然なのですが、それを実感できる世の中でしょうか。

なぜ財政が赤字になってしまったのでしょう。
日本の財政は永らく赤字が続いています。
これは、債務残高(借金の合計)に対して、GDPが追いついていないというデータからも簡単に確認できます。
なぜ財政赤字が続いていて、しかも増え続けていて、世界一の借金をとなってしまってるのか。赤字になるとは、つまり、公共投資や政府消費といった「公的部門の支出」が「税収」を上回っている状態、でしたね。ということは、税収よりも支出が多いから赤字になっていくのです。では、支出を減らすか税収を増やすかすれば赤字を脱却できるのではないか、と思いませんか?

しかし、国のサービスを維持することと、税収を増やすことには限度があり、現況より大きく改変することは、大規模なデフレを招くことになりかねません。事実、給料明細を見て、こんなに税金がとられているのか!と、財政サービスとのギャップに怒りがこみ上げたことはありませんか?これ以上税金が上がると、生活が大変ですよね。個人にとっても企業にとっても、税率が上がることは死活問題です。

実は今の財政赤字がこれほどまでに拡大した原因は、90年代バブル崩壊以降の深いデフレ時代に、景気対策として経済支援のための支出を増やし続けたことと、国民所得の停滞によって税収入が減少したことが大きいのです。もう30年にもなろうかという過去の経済事情が未だ「負の遺産」となって日本経済に大きく影響しているのです。

財政赤字は、どんな問題をもたらすのでしょうか。
結論から言ってしまえば、財政の赤字は、別に続いていても国が滅びるわけではありません。一般家庭のお財布事情とは違い、数字上、過去の赤字が一向に清算されないだけで、一応経済成長率は上昇傾向が続いていて、財政も回復しつつあると言われています。

とはいっても、歳出(政府財政からの支出のこと)部門の削減は、政府にとって大きな課題です。とはいえ国民にとっては、様々なサービスも、生活基盤の充実も、今一層よくなってもらわなければ困りますよね。また人口比率の不均衡から、税徴収のあり方も問題となってきています。高齢者層の増加は、医療や福祉の問題だけでなく、財政赤字にも直結しているのです。

初心者の方はコチラから

FXの準備を始める為に

FXを始める上でまずは基本的な知識と経験が必要です。
でも、実際のお金を使って学ぶのはとっても危険ですよね。
実際の口座で始める前にFXにはデモトレードという便利なサービスがありますから、まずは知識と経験を得る為にデモ口座を作る事から始めてみましょう。

デモトレード口座の人気ランキング

自分のスタイルに合わせた取引口座を選ぶ!

目的に合わせて自分にあったFX会社と口座を選んで行きましょう。

FX初心者の為のFX口座ランキング
人気のFX会社の中でも特にビギナーに人気の口座を紹介!

長期運用の為のFX口座ランキング
長期運用で必要なFX会社のチェックポイントとFX口座の紹介!

短期売買(デイトレード)の為のFX口座ランキング
短期売買に必要な条件は?オススメのFX会社を紹介!

細かい条件で自分ピッタリのFX口座を探す!

条件でFX会社を探したい時は重視するポイントを絞って探してみましょう。

総合的にFX会社を比較
手数料でFX会社を比較
サービスでFX会社を比較
通知機能でFX会社を比較

関連エントリー

 
Copyright © 2008 FX入門道場 初心者はこのfx業者から!. All rights reserved