外国為替証拠金取引所

外為取引(FX)をしてみたいんだけれども、どこに行けばいいのでしょうか?

株式取引の場合、証券取引所(東京証券取引所とか大阪証券取引所など)があって、売買したい企業が参加している「証券取引所」で取引することに

なります。といっても、自分で行くわけでなく、街の証券会社やインターネットの証券会社などで取引できます。そして欲しい企業の株を、その企業と取引するのではなく、株を持っている人同士でやりとりをするため、その間に仲介者が必要となります。その仲介者が、証券会社というわけです。

外為取引(FX)は、そういった取引所という「場所」はありません。

簡単に言うと、お金を持っている人と直接やりとりをして、欲しい通貨を買い付けなければならないのです。
持っている人が手放せば、欲しい人が買えるでしょう。欲しいと思う値段を交渉して、入手すればよいのです。
この場合、「お金を持っている人」というのは、個人の金持ちのことではなく、銀行や証券会社、保険会社などのいわゆる「金融機関」のことです。

こういった取引のやり方のことを、次のように言います。

◆相対取引(あいたいとりひき) … OTC(Over The Counter)

外為取引(FX)は、「相対取引」で行われるため、為替レートは取引相手によって違いがあります。
インターネット上(↓アドレス参照)では、東京外国為替市場での円相場が発表されていますが、外為取引の取引金額ではありません。実際の取引の場では、取引相手(金融機関)によって、レートや手数料などにも差があります。大規模な投資をするならば、そのあたりも計算して複数の金融機関を使いこなす方が賢いのかもしれませんね。

また、相対取引は、電話やコンピューター回線を通じて取引が行われるのが一般的です。このため、外為取引(FX)のことを「テレフォン・マーケット」「スクリーン・マーケット」ということもあります。こういった言葉は、ニュースの中でさらっとでてくることがありますよ。すべて、同じ取引のことを指していますので、戸惑わないでくださいね。


-----------------------------------------


↓全部同じ意味で使われるよ↓↓↓

★外為取引
★FX
★OTC
★テレフォン・マーケット
★スクリーン・マーケット


◆東京金融先物取引所

「外為取引(FX)」は「相対取引」のため、電話回線やコンピューター回線を利用して直接取引をするものだと説明しました。
つまり、回線網が「取引市場」という訳です。

しかし、それでは、膨大な数にのぼる取引業者を、自力で選択しなければなりません。
よく名前の売れた銀行や、誰かに紹介された金融機関などに決めてしまいそうですね。

そこで、株式市場のように、様々な金融機関が取引に参加できる「場所」が作られました。

「東京金融先物取引所」です。

ここには、銀行・証券会社・証券会社系列の金融機関・信用金庫・先物業者・保険会社・商品取引会社・外国銀行・外国証券会社などなど、様々な金融機関が外為取引(FX)に参加しています。

もちろん個人も参加することができます。
個人が参加するには、インターネット上で運営している取引所「くりっく365」があります。

初心者の方はコチラから

FXの準備を始める為に

FXを始める上でまずは基本的な知識と経験が必要です。
でも、実際のお金を使って学ぶのはとっても危険ですよね。
実際の口座で始める前にFXにはデモトレードという便利なサービスがありますから、まずは知識と経験を得る為にデモ口座を作る事から始めてみましょう。

デモトレード口座の人気ランキング

自分のスタイルに合わせた取引口座を選ぶ!

目的に合わせて自分にあったFX会社と口座を選んで行きましょう。

FX初心者の為のFX口座ランキング
人気のFX会社の中でも特にビギナーに人気の口座を紹介!

長期運用の為のFX口座ランキング
長期運用で必要なFX会社のチェックポイントとFX口座の紹介!

短期売買(デイトレード)の為のFX口座ランキング
短期売買に必要な条件は?オススメのFX会社を紹介!

細かい条件で自分ピッタリのFX口座を探す!

条件でFX会社を探したい時は重視するポイントを絞って探してみましょう。

総合的にFX会社を比較
手数料でFX会社を比較
サービスでFX会社を比較
通知機能でFX会社を比較

関連エントリー

 
Copyright © 2008 FX入門道場 初心者はこのfx業者から!. All rights reserved