外為取引(FX)と外貨預金の違い

外貨を使って投資するのには、「外為取引(FX)」と「外貨預金」という方法があります。
外為取引(FX)と外貨預金の違いを知っておきましょう。

日本以外の外国のお金を使うこと、銀行や証券会社などの金融機関で取り扱えることなどから、同じような感覚でとらえられることも多いこの二つです。

また、外貨預金は日本の銀行預金と同じく安全で、外為取引(FX)は株取引のようにリスクが伴うようなイメージもあるようですね。

外貨が注目されるようになったのは、1998年に外為法が改正されたときのことです。この改正で、今まで許可が必要だった外貨の取り扱いを、個人でも出来るようになりました。それまで一般投資家が、国内銀行にため込んでおいた預金を、海外銀行に広げる「外貨資金」が、投資家にとっても銀行など金融業者にとっても大きな市場であることで、注目されるようになったのです。


外貨預金とは、その名の通り「外貨を預金すること」です。つまり、外国銀行や国内の外国為替公認の金融機関で、日本円以外の外貨で預金することです。日本の銀行と同じく、日常的に出し入れできる「普通預金」と、期間を決めて預けいれる「定期預金」がありますが、公共料金の引き落としなど生活に必要な資金を外貨で預けることはないので、「定期預金」の方が主流です。一方、投資として、外為取引(FX)に人気が集まってきたのは、最近のことです。外為取引は、売りと買いがセットになっていて、小刻みに繰り返すことで利益をだします。いつ引き出しても構わない預金とは違い、ある程度のサイクルで資金が流れることになります。


-----------------------------------------


次の5つのポイントで比較してみます。

1・取引手数料
2・為替の変動
3・為替レート
4・取引期限
5・取引の自由度


-----------------------------------------


1・取引手数料

◆外貨預金 …

一般的に、外貨預金の手数料は「1ドル」ごとに「1円」がかかります。(取引金融機関や商品によって違いがあります)
この手数料が、取引ごとに必要になります。
取引ごとということは、ドルに換金するとき、日本円に戻すときと、2回手数料がかかるということです。

単純計算で、100ドル預けて100ドル分、円に戻すとき、200円の手数料がかかるということです。

また、預入時から為替レートが全く動かなかった場合でも、取引手数料がかかるので手数料の分、損するという可能性も出てきてしまいます。

◆外為取引(FX) …

これも取引金融機関や商品によって違いがありますが、たいていの外為業者では、外貨預金の10分の1程度、1ドル当たり10銭程度に設定されているところが多いようです。ということは、100ドル買っても、約10円の手数料ですむというわけです。レートの変動のなかで吸収できそうな額ですね。


2・為替の変動

◆外貨預金 …

基本的に外貨預金は投資法というより、貯蓄目的で使われることが多いようです。当面動かすつもりのない資金があるときに、日本の銀行よりも、少しでも安全な銀行に預けたいという場合に使われることが多いようです。
外貨預金の場合も、まず日本円を売って外貨を買い、その外貨を預金しておくわけです。そして、お金が必要になったときに、また日本円に戻して使わなければなりません。「お金が必要になったとき」のレートが必ずしも「円安」とは限りません。ですから大きく儲けるというより、安全性重視だというのです。

◆外為取引(FX) …

基本的に、投資目的なので、為替相場をチェックして儲かるように計算する必要があります。ドル/円で取引する場合、ドルの動きを予測し「ドル売り・円買い」などという予測注文ができます。もちろん予定しておいた日の相場が逆に動いた場合、注文をキャンセルすることができます。


3・為替レート

◆外貨預金 …

銀行や郵便局などで、店頭に「本日の交換レート」という掲示板を目にしたことがありませんか?
昔はよく、各国の国旗とともに記載されていたので、ぱっと見ために分かりやすいものでした。最近の銀行では、電光掲示板で流れるようなものもあり、興味深く見ないと分かりにくいかもしれませんね。
交換レートは、毎日書き変えられていて、今日外貨預金を引き落とすと、外貨レートがいくらなのか、を示しています。

外貨預金の為替レートは、当日の午前10時ごろの為替市場の水準に決められているので、昼過ぎから急にドル高傾向になったとしても、一番よいところのレートでは引き出せないのです。

◆外為取引(FX) …

個人取引の醍醐味は、リアルタイムで為替相場をみながら、ベストの売買のタイミングを計れるというところです。
株式取引を同じく、外為業者の営業マンに売買まで任せるというケースもあるようですが、インターネットで行う個人売買は基本的に自己判断です。
株価と同じく、金融価格の動きも個人の思い通りにはいかないので、いかに流れを読みながら投資に成功するか失敗するかは、自分の腕ということになります。


4・取引期限

◆外貨預金 …

外貨預金は、日本のお金を銀行で預けているときのように、「普通預金」と「定期預金」があります。普通預金は、取引の期限もなく出し入れ自由ですが、取引手数料が高いのが問題です。また定期預金は、普通預金より利率が良いのですが、満期になるまで解約ができません。また解約時のレートを先読みすることがとても難しいため、ドル先安懸念が高まってきたとしても途中解約することができません。

◆外為取引(FX) …

預金ではないため、満期や期限という概念がありません。また時間を見計らって取引するデイトレーディングも可能です。


5・取引の自由度

◆外貨預金 …

銀行の窓口で取引を行います。インターネットで取り扱っている銀行もあります。普通の口座とは別に、外貨預金用の口座開設が必要な場合もあるので、銀行に確認しなければなりません。

◆外為取引(FX) …

取引が行われている時間内であれば、いつでも可能です。またネット取引の場合、パソコン接続している限り、自分のタイミングで売買することが可能です。自動売買機能を使えば、パソコンの前に張り付いていなくても、思いの金額でより精巧な売買をすることができます。


-----------------------------------------

このように、外貨預金と外為取引(FX)には様々な違いがあります。
外貨預金のほうが絶対に安全というわけでも、外為取引(FX)が絶対に儲かるわけでもありません。
どちらにせよリスクがつきまといますし、個人投資家の場合、それ以前に信頼できる「取引業者を選ぶ」という難関があります。
悪徳業者にかかってしまうと、全財産を失うこともあるわけですから。金融資産をうまく活用するのは個人の自由。ですから、リスクも含めてきちんと内容を把握し、自分の使い勝手の良い投資商品を選ぶことが上手な資産運用だと言えるのでしょう。

初心者の方はコチラから

FXの準備を始める為に

FXを始める上でまずは基本的な知識と経験が必要です。
でも、実際のお金を使って学ぶのはとっても危険ですよね。
実際の口座で始める前にFXにはデモトレードという便利なサービスがありますから、まずは知識と経験を得る為にデモ口座を作る事から始めてみましょう。

デモトレード口座の人気ランキング

自分のスタイルに合わせた取引口座を選ぶ!

目的に合わせて自分にあったFX会社と口座を選んで行きましょう。

FX初心者の為のFX口座ランキング
人気のFX会社の中でも特にビギナーに人気の口座を紹介!

長期運用の為のFX口座ランキング
長期運用で必要なFX会社のチェックポイントとFX口座の紹介!

短期売買(デイトレード)の為のFX口座ランキング
短期売買に必要な条件は?オススメのFX会社を紹介!

細かい条件で自分ピッタリのFX口座を探す!

条件でFX会社を探したい時は重視するポイントを絞って探してみましょう。

総合的にFX会社を比較
手数料でFX会社を比較
サービスでFX会社を比較
通知機能でFX会社を比較

関連エントリー

 
Copyright © 2008 FX入門道場 初心者はこのfx業者から!. All rights reserved